◆路線バス・貸切バス等の火災が多発!

 国土交通省の「事業用自動車安全通信」によると、最近6か月間で大型バス等の車両火災が10件以上発生していることがわかりました。


 いずれの火災事例も、運転者の的確な措置で大事には至っていませんが、バス等大型車の車両火災は大事故に結びつく恐れがあります。11月の火災予防運動の機会などをとらえて、車両点検と防火対策、運転者指導に取り組みましょう。


 車両の火災原因は現在調査中ですが、中には、排気管の熱がバスの荷物室に伝わりダンボールが燃えたと思われる事例もあり、車両の内燃機関や電機系統の点検・整備だけでなく、荷物室などの防火チェックも重要です。


 また、初期消火のための消火器設備の点検、取扱い方法の確認、乗客の避難誘導訓練なども実施しましょう。

 なお、「事業用自動車安全通信」については、国土交通省のWEBサイトを参照してください。

 

※最近発生した車両火災事故 ↓(クリックすると拡大します、元データは下に有)

車両火災事故

■事業用自動車安全通信に掲載された2010年5月~11月の火災事故事例のファイルです。クリックするとダウンロードできます。

最近発生したバス等の火災事故事例
bus_fire(2010.5-11).xls
Microsoft Excel 21.5 KB

◆この記事に関する、編集部へのご意見・お問い合わせはこちらまでどうぞ

過去の交通安全ニュース 事故防止
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月22日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。