運転中は「スミスの5原則」を意識しよう

スミスの5原則

 運転に必要な情報のほとんどは視覚から入ってきますので、車を運転するときに、「見る」ことは非常に重要ですね。


 アメリカでは、この「見る」ことに関して、「スミスの5原則」が指導されています。
 それは、次の5項目です。


①遠くを見る
②目を動かし続ける
③視野を広くとる(2秒以上一つのものを見ない。たえず視線を移す)
④自分が他者(車)から見られるようにする
⑤いつも逃げ道を用意しておく


の5つです。
 これは、「スミスの5原則」に限ったことではなく、安全運転をするには、常に意識しておかなければならないことですよね。


 今日から、さっそくこの原則を活かして「見る」「見られる」ことを意識して、自分の周囲に安全スペースを確保して運転してください。

(2010.11.18更新)

■あなたの運転常識は間違っていませんか?

 「曖昧な運転知識のまま」、「交通ルールを忘れたまま」で運転をしていませんか?ベテランの運転者でも、意外と交通ルールを忘れているものです。

 小冊子「大丈夫?あなたの運転知識」は、勘違いしやすい交通ルールや、運転知識をQ&A形式でチェックし、正しい運転知識を身につけられる交通違反、交通事故防止のための教育教材です。

 

※監修

 信田正美(元・岐阜県警察本部交通部管理官)

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 事故防止 交通安全
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月23日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。