トンネル内はスピードに注意

 トンネル内は、スピードの変化が激しい場所なので注意が必要です。

 

 トンネル内に入ったところでは、暗さに慣れるのに時間がかかるために、知らず知らずのうちにスピードが落ちていることがよくあります。

 

 また、トンネル内には微妙な勾配がありますが、非常に微妙な変化であるため、ドライバーはスピードを出し過ぎたり、逆にスピードが落ちていることに気づかないことがあります。

 

 とくに出口付近は、下り坂になっていてスピードが出やすい上、ドライバーの早くトンネルから出たいという心理が働きやすく、先行車に追突するケースがしばしば起こります。
 トンネル内では、最後まで油断せず、スピードは感覚に頼らないでスピードメーターでチェックしましょう。

(2010.11.25更新)

過去の朝礼話題 事故防止 交通安全
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月19日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。