右折待ち時の車の向きとハンドルに注意しよう

右折時追突による衝突事故

 先日、長野県佐久市内の交差点で、右折待ちの軽ワゴン車が中型トラックに追突されて対向車線に押し出され、大型トラックと正面衝突して軽ワゴン車のドライバーが死亡するという事故が発生しました。

 

 直接の事故原因は追突したトラックのわき見運転とみられていますが、右折待ち時に追突された場合、対向車線に出なければ被害を最小限におさえることも可能です。

 

 そこで、念のため右折待ちのときにはハンドルを切らずに、なるべく車体もハンドルも真直ぐにして待つように心がけましょう。

 

 交差点の中央で車体を斜めにしないで待っていると、後続車が通行しやすく、運転マナーの面でも望ましいと言えます。もし、万が一追突されても、対向車線に飛び出す危険性が少なくなります。

(2010.12.17更新)

過去の朝礼話題 事故防止 交通安全
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月27日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。