カーブミラーの錯覚に注意

カーブミラーが設置されていると、接近してくる車がわかるなど、一見便利そうに見えますが、カーブミラーにも落とし穴があり、全面的に信用するのは危険です。


 その典型的なものが、ミラーでは正確な位置がわからないということです。


 そのため、交差道路の車の正確な位置が把握しづらく、遠くにいると思っていた車が意外と近くにいたりして、それらが原因で事故になる場合があるのです。


 次に、気をつけなければならないのは、凸面のミラーに映る像は、左右逆転して遠くに見えるということです。そのため、右折・左折の合図を逆に捉えてしまうことがあり、向こう側に曲がると思っていた車がこちらに来てびっくりすることがあります。


 カーブミラーがある場所では、ミラーだけに頼らないで、自分の目で安全を確認する習慣をつけましょう。

 

(シンク出版株式会社 2011.3.11更新)

■運転中の「錯視・錯覚」を意識していますか?

小冊子「錯視・錯覚に注意して事故を防ごう」は、下り坂が上り坂に見えるなど、運転中におこる錯視・錯覚を具体的に紹介した、事故防止教育教材です。

 

5つの問題に回答を記入したのち、解説を読んでいただくと、「運転中の錯視・錯覚」について簡単に理解していただくことができます。

 

巻末には、「錯視・錯覚」をどれだけ意識して運転しているかを確認できるチェックリストを設けています。

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月27日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。