深夜にSA・PAの進入路に停止している車に注意しよう

 高速道路を走行しているときに、休憩するときにはサービスエリア(SA)やパーキングエリアに入りますよね。そのとき、SAやPA内の駐車スペースが満杯のときにはどうしますか?

 

 昼間ならば、そのまま空くのを待っていると思います。

 しかし、夜間の場合には、多くの車が仮眠をとっていたり、時間調整などをしており、駐車スペースがなかなか空かないために、どうしても駐車枠外のスペースや進入路に止める車が多くなります。

 

 さる、2月7日の午前4時すぎに、山陽自動車下り線の沼田サービスエリアで、進入路付近に止めていたトラックに、後から進入してきたトラックが追突する事故が発生しました。
 高速道路のSAやPAは、午前0時から4時までの時間帯に、ETC(自動料金収受システム)の深夜割引料金が適用されるため、トラックによる混雑が常態化しています。
 そのため、駐車枠外や進入路へ違法駐車するトラックが横行しており、その車に追突する事故も絶えません。

 

 追突する車も、長時間の深夜走行で意識が明瞭ではないことが多く、駐停車車両に気づくのが遅れることも原因の一つになっていると思われます。

 

 SAやPAで仮眠するときには、駐車枠外や進入路に駐停車しないことはもちろんですが、SA・PAに進入するときには、進入路などに駐停車しているトラックなどがいることを頭に入れておきましょう。

(2013.2.13更新 シンク出版株式会社)

バス運転者のための教育用ツールを発刊

■2018年6月1日改正の新指針に準拠

 「バス運行管理者のための指導・監督ツール」は、運転者に指導する際の資料として、「運転者用資料」を39枚収録した運行管理者のための指導教材です。

 

 言葉だけでは伝わりにくい安全運転のポイントを漫画とイラストで具体的に解説し、3つのキーワードで印象づける内容です。

 点呼時やドライバーミーティングなどの短い時間でも、運行上の危険や安全運転ポイントを指導することができます。

 

 2018年6月に公布された一般バス事業者のための11項目、貸切バス向けの2項目の指針13項目に準拠し、教育記録簿用紙も添付しています。

 

【詳しくはこちら】

 

過去の交通安全朝礼話題
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月27日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。