歩行中や自転車に乗っている高齢者に注意

   先日、平成24年中の交通死亡事故の概要が発表されました。そのなかから高齢者の死亡事故の特徴について、みてみたいと思います。
 ある程度は想像できることなのですが、高齢者は歩行中や自転車に乗っているときに、事故にあうケースが多いということです。
 どれくらい多いかと言いますと、歩行中、自転車乗用中死者のそれぞれ3分の2は高齢者が占めているのです。
 
 歩行中の死者の構成率を年齢層別にみてみますと、65歳以上の高齢者の割合は67.9%になっています。
 これを法令違反別にみますと、「横断歩道外横断」、「走行車両の直前・直後横断」等の道路横断時の違反が高くなっていますので、道路を横断してくる高齢者には、十分に気をつける必要があります。
 また、自転車乗用中の死者の構成率をみても同じように高く、65歳以上の高齢者の割合は64.7%になっています。
 違反別では、「安全不確認」、「交差点安全進行」、「一時不停止」などが高くなっており、ルールを無視した行動が目立っています。
 
 最近の交通死亡事故の特徴をみると、高齢者の死者数が多くなっていますが、なかでも歩行中や自転車乗用中の高齢者の割合が高くなっています。歩行中や自転車乗用中の高齢者をみたら、その動静には十分に注意してください。

(シンク出版株式会社 2013.2.22更新)

トラックドライバー教育に最適なハンドブック

「真のプロドライバーを育てる安全運転ハンドブック」は、物流技術研究会で培われてきたノウハウや、トラックドライバーとして必要な安全運転の知識などを国土交通省告示の「指導・監督の指針」の内容に基づいて、イラストや図解を中心にまとめた一冊です。

 

 トラックドライバー様には知識のレベルアップに、管理者様にとっては朝礼やミーティング時の話題提供の資料としてご活用いただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月27日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。