ダイヤマークの意味を知らない人が7割以上!

 つい最近、警視庁が運転免許更新者842人に行った調査で、7割以上の人が「前方に横断歩道または自転車横断帯あり」を意味する道路上の「ダイヤマーク」の意味を知らないと回答していた、という新聞報道がありました。

 

 横断歩道上に起こる人身事故のほとんどはドライバーの不注意が原因ですが、ドライバーの不注意の背景には、こうした道路標示や標識に関する無知や無関心があるのではないかと思います。

 ダイヤマークの意味を知らなければ、運転中に路上にダイヤマークを見ても何も感じません。それどころか、ダイヤマークがあることすら気がつかないかもしれません。

 

 ダイヤマークは、信号のない横断歩道の手前に標示されていますが、それを知らない人は前方にある横断歩道を渡ってくる歩行者などの存在をあらかじめ予測していませんので、事故になる確率は確実に高くなります。

 

 反対に、ダイヤマークの意味を知っている人は、前方に横断歩道があることがわかりますから、前方に横断歩道があり歩行者などが横断してくるかもしれないと予測することができ、事故を起こす確率は低くなるわけです。
 
 免許を取得する際には、確実に覚えていたと思いますので、もう一度道路標示の意味を再確認してみましょう。

(シンク出版株式会社 2013.7.31更新)

運転者心理に潜む危険を診断する交通テスト

事故の原因を突き詰めていくと、その背景には「前車が止まるとは思わなかった」など、運転者の危険な心理が潜んでいます。

 

自己診断テスト「運転者心理に潜む危険をチェックしよう」は、日頃の運転を振り返り、48の質問に「ハイ」「イイエ」で答えていただくと、運転者心理に潜む6つの危険について診断することができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月27日(水

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。