ゲリラ豪雨に気をつけましょう!

 7月19日の朝礼話題「冠水した道路に安易に入るのは危険」でもふれていますが、最近の日本列島各地で発生しているゲリラ豪雨は尋常ではありません。

 それに伴って、大雨の影響による救援依頼も増加しており、JAF(日本自動車連盟)がまとめた統計によりますと、今年の7月の1か月間で車両が冠水・水没トラブルによる救援は174件にのぼっています。前月の6月と比較すると4.7倍となっているとのことです。

 記録的な大雨に見舞われた山口県の27件が最多となっており、福岡県の25件が続いています。次いで栃木県が15件、東京都が12件、茨城県が9件と関東地方が多くなっています。
 
 JAFでは、今後もゲリラ豪雨や台風により道路が冠水することが予想されることから、ドライバーに対して次のような注意を呼びかけています。

  • 大雨、集中豪雨の際はなるべく運転を控える(無理をしない)
  • 周囲より低い位置にある道路(地下道やアンダーパスなど)は通らない
  • 車の保管場所(自宅駐車場など)の状況を確認しておく
  • 5~10cm程度の水深の冠水路でも落輪やエンジンルームに水が入る危険性があるため、特に夜間は慎重な運転をする

 
 最近のゲリラ豪雨は、アッという間に道路が冠水するほど降りますので、「まだ行けるだろう、大丈夫だろう」などと油断をしないでください。

 

(シンク出版株式会社 2013.8.12更新)

運転者心理に潜む危険を診断するテスト

事故の原因を突き詰めていくと、その背景には「前車が止まるとは思わなかった」など、運転者の危険な心理が潜んでいます。
 
自己診断テスト「運転者心理に潜む危険をチェックしよう」は、日頃の運転を振り返り、48の質問に「ハイ」「イイエ」で答えていただくと、運転者心理に潜む6つの危険について診断することができます。

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月22日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。