走行車線から突然車線変更してくるトラックに注意しよう

 最近、高速道路を走行していて、危ない体験をしましたので、それについて話したいと思います。高速道路の追越車線を走行していたときに、走行車線を走行していたトラックが突然目の前に車線変更してきたのです。

 普通なら車線変更するタイミングではなかったのですが、強引に前に割り込んきたので、少し驚いてしまいました。割り込んできたトラックは、前に遅いトラックがいて、そのトラックを追い越すために出てきたのです。

 

 車線変更してきたトラックには速度抑制装置が着いており、追越車線に出てきたものの、なかなか走行車線のトラックを追い越すことができず、両方の車線を塞いだまま2台のトラックが延々と並走したため、後ろの車が渋滞していました。

 それ以後、走行車線から出てくるトラックを観察していましたが、結構多くのトラックが、追越車線を走行している車の前に強引に車線変更してきました。追越車線を走行している車が、このタイミングで走行車線からトラックが車線変更してくることはないだろうと油断していると、危険な状況に陥ることになります。

 走行車線にトラックが走行していて、その前に遅い車がいたら、車線変更してくるかもしれないと考え、その動きに注意して油断しないようにしましょう。

 

(シンク出版株式会社 2014.2.13更新)

■追突事故防止のための教育教材

 多発する追突事故の原因の多くは、わき見や漫然運転など運転者のうっかりミスであり、事故防止対策には、運転者の追突原因に対する気づきが重要です。

 

 教育用小冊子「自分で気づこう!!追突事故の危険」は、7つの事故事例をもとに自分自身の運転態度をチェックすることができ、「わき見」「思い込み」「漫然運転」による追突事故の防止に効果的です。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月25日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。