危険な路上作業はやめよう

※写真と文中の事故事例は関係がありません
※写真と文中の事故事例は関係がありません

 さる3月16日午後6時30分ごろ、名古屋市の片側1車線の直線区間の道路で、故障して路肩に止まっていた中型トラックに後ろから進行してきた乗用車が追突し、トラックの下で作業していた男性が下敷きとなって死亡する事故がありました。


 トラックは、ハザードランプを点けずに車線にはみ出すような状態で路肩に停車しており、乗用車が停車しているトラックに気づかずに追突したものと見られています。
 
 高速道路の路肩に停止している車に後続車が追突する事故を何度も取り上げていますが、一般道路でもこうした事故は少なからず起きています。


 とくに夜間は、視認性が悪くなっていますからこうした事故が起きやすくなります。ましてや、ハザードランプなどを点けていなければなおさらです。
 
 路上で作業する人は、自分はヘッドライトに照らされており直線道路なので後続車からも見やすいので、後続車が停止車両を見つけて避けて通ってくれるという前提のもとに行っているのでしょうが、避けてくれるという保障はどこにもありません。
 
 道路端に車を止めて作業をすることは非常に危険です。ましてや、本線車線に車体がはみ出して入れば、追突される可能性は非常に高くなります。路肩に故障で停止したら、すぐさま救援を呼び、路上修理は絶対に行わないようにしてください。

(シンク出版株式会社 2015.3.27更新)

■追突事故防止のための指導教材

 多発する追突事故の原因の多くは、わき見や漫然運転など運転者のミスであり、事故防止対策には、運転者の追突原因に対する気づきが重要です。

 

 教育用小冊子「自分で気づこう!!追突事故の危険」は、7つの事故事例をもとに自分自身の運転態度をチェックすることができ、「わき見」「思い込み」「漫然運転」などによる追突事故防止を狙いとした小冊子です。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月18日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。