ミラーのない車で事故が減少するか

 最近、国土交通省が道路運送車両の保安基準を改定し、車に装備されているサイドミラーなどすべてのミラーをカメラとモニターで代用することを容認するというニュースを発表しました。


 この保安基準が改訂されれば、来年6月にもミラーが全くない新型車が公道を走れるようになるということです。
 
 これが実現しますと、ミラーでは確認できない死角もカメラモニターで確認できるようになり、交通事故が減少することが期待されています。
 
 確かに、車に装備されているミラーの死角がなくなれば事故が減少するとは思いますが、期待しすぎるのは危険なような気がします。というのは、現在でもバック時の事故防止のためにバックアイカメラを付けている車がたくさんありますが、そういう車のバック時の事故がまったく無くなったわけではないからです。
 
 たとえば、バックアイカメラは上部を写しませんので、建物の軒先に当ったり、側方から来るフォークリフトなどと衝突する事故が起きています。これらはドライバーがモニターに何も写っていないから、油断してバックした結果なのだと思います。


 要は、安全装置を活かすのも殺すのもドライバーの心がけ次第です。


(シンク出版株式会社 2015.12.3更新)

■バック事故の危険に気づいていますか?

バック事故の多発に悩む企業が増えています

 

 小冊子「自分で気づこう!! バック事故の危険」は、駐車場や構内・コンビニにおけるバック行動のイラストを見て、自分の運転上の危険をチェックすることができる小冊子です。

 自分自身でバック時の危険性に気づくことにより、バック事故防止を図る教材です。

 


【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

12月11日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。