右折時には直進バイクに気をつけよう

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 さる5月29日午前8時半すぎ、群馬県太田市の片側2車線の信号のない交差点を右折しようとした軽自動車が対向車線を直進してきた大型バイクと衝突しました。

 

 衝突の衝撃で火災が起こり、軽自動車に乗っていた3人と大型バイクの男性の合わせて4人が死亡するという大事故となりました。 

 

 交差点を右折する際に、対向車線を直進してくるバイクと衝突するいわゆる「右直事故」がよく起こりますが、その背景には右折するドライバーが直進バイクの位置やスピードを的確に判断できないということがあります。

 

 ここで何度も指摘をしていますが、車体の小さなバイクは実際の位置よりも遠くに見えるために、右折するドライバーはバイクが来る前に右折できると判断しがちです。ところが、実際には判断した位置よりも近いところにいることが少なくありません。

 

 加えて、人間は横に移動する物体のスピードは割と的確に判断できるのですが、遠くのほうからこちらに向かってくる直進バイクのスピードを的確に判断することが難しくなります。

 

 ですから、交差点を右折するときに直進してくるバイクがいたら、絶対に無理をしないでください。 

(シンク出版株式会社 2016.6.2更新)

■運転中の「錯視・錯覚」を意識していますか?

──監修:杉原厚吉(「計算錯覚学の構築」チームリーダー)

 

小冊子「錯視・錯覚に注意して事故を防ごう」は、大型車に比べて小さな二輪車が遠くに見えるなど、運転中に起こる錯視・錯覚を具体的に紹介した、事故防止教育教材です。

 

5つの問題に回答を記入したのち、解説を読めば、「運転中の錯視・錯覚」について簡単に理解していただくことができます。

 

巻末には、「錯視・錯覚」をどれだけ意識して運転しているかを確認できるチェックリストを設けています。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月22日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。