危険性帯有者処分で免許停止

 ご存じ方も多いと思いますが、先ほど東京都の公安委員会が清原元プロ野球選手に対して、180日間の運転免許停止処分とする方針を決めたという報道がありました。

 

 このニュースを聞いて、交通違反や事故を起こしていないのに、なぜ運転免許停止処分になるのだろうかと思われた人もいると思いますが、実は交通違反などでつく点数制度によらない運転免許停止処分もあるのです。

 

 道路交通法第103条には、「アルコール、麻薬、大麻、アヘン又は覚せい剤の中毒者であることが判明したとき」には、6か月を超えない範囲で運転免許の効力を停止することができると定められており、この規定によって処分されたものです。

 

 清原元選手が覚せい剤を常用していたことや、今後も車を運転する可能性があることから、今後覚醒剤を使用して重大な事故を起こす恐れがあると判断されたものです。

 

 覚せい剤や麻薬、アルコールの中毒者など、将来的に交通事故を起こすおそれがある人を「危険性帯有者」と呼んでおり、こうした人は交通違反や交通事故などをしていなくても、免許停止処分になることがあります。

(シンク出版株式会社 2016.7.6更新)

■運転中の錯視・錯覚に気づいていますか?

──監修:杉原厚吉(「計算錯覚学の構築」チームリーダー)

 

小冊子「錯視・錯覚に注意して事故を防ごう」は、下り坂が上り坂に見えるなど、運転中におこる錯視・錯覚を具体的に紹介した、事故防止教育教材です。

 

5つの問題に回答を記入したのち、解説を読んでいただくと、「運転中の錯視・錯覚」について簡単に理解していただくことができます。

 

巻末には、「錯視・錯覚」をどれだけ意識して運転しているかを確認できるチェックリストを設けています。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

11月22日(水

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。