バイクとの車間距離をとっていますか?

 最近の交通事故のニュースを見ていると、前を走っているバイクに後ろから四輪車が追突するケースが目立っています。

 

 その原因はいろいろあると思いますが、大きな要因としては二輪車との車間距離が短いことがあげられると思います。

 

 その背景にあるのは、二輪車はすぐにどこかにいくので、車間距離をとらなくて追従しても大丈夫だろうという考えです。

 

 確かに、二輪車は渋滞気味になって車速が落ちてくると、車列の間を縫うように走っていきますので、いつの間にかいなくなるといった感覚です。

 

 もう一つは、二輪車は車体が小さいためにその存在を無視しがちだということです。そのため、車間距離をとる対象を前にいる二輪車ではなく、その前にいる四輪車となることが多々ありますので、二輪車との車間距離が当然短くなってしまいます。

 

 しかしながら、二輪車がいくら車体が小さくても、すぐに前からいなくなるととしても、自車の前を走行している限り適切な車間距離をとらなければならないのは当たり前のことです。前に二輪車がいるときには、意識して車間距離をとるようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2016.10.12更新)

■あなたの運転 損をしていませんか?

 日頃何気なく運転をしているときでも、無意識のうちにこうしたほうが「得」をするとか、こうしないと「損」をすると考えて運転していることが多々あります。

 

 本冊子は、運転のなかで「損」「得」感情が出やすい6つの運転行為について、損する運転と得する運転をマンガでわかりやすく対比し、なぜ「得する運転」が安全に寄与するのかをデータを交えて解説しています。

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

5月22日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

運行管理者のための

ドライバー教育ツールPart3

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・トラック運転者のための

安全運転のポイント

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。