バック時には低い場所にも十分な注意を

 皆さんは、バック時に後方を確認するとき路面の上など低い場所にも十分に気をつけていますか。

 

 バックミラーを見て、「車はいないし人は立っていない」と思ったら、すぐバックを始める人が多いのでは?

 

 大抵は事故になりませんが、まれに地面に寝ていた人をひくなど、大変なことになる場合があります。

 

 去る12月6日午後1時前ごろ、埼玉県川口市の工場解体現場で、作業員の男性(48歳)が敷地内地面で昼寝休憩をしていたところ、バックで現場に入場してきたトラックにひかれて死亡しました。

 

 トラックのドライバーは、まさか地面に人が寝ているとは思わずに、安易にバックしてきたものと思われます。

 

 バックする前に車体の後ろに周って後方を見ていれば、人が寝ていることに気づいた可能性が高いのです。人が寝ていることはめったにないですが、運転席から見えにくい低い場所に子どもがしゃがんでいたり、高さの低い障害物が隠れていることは少なくありません。

 

 バック時は死角が大きいので、必ず一度目視確認をする必要があることを肝に銘じてください。

 

(シンク出版株式会社 2016.12.15更新)

■バック事故防止指導教材のご案内

バック事故が多発し困っていませんか?

 

 小冊子「自分で気づこう!! バック事故の危険」は、駐車場や構内・狭い道などにおけるバック行動のイラストを見て、自分の運転上の危険をチェックすることができる小冊子です。

 

 ドライバー自身がバック時の危険性に気づくことにより、バック事故防止を図る教材となっています。

 

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月26日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。