バック時はゆっくりアクセルを踏もう

 

 相変わらず、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故が多発しています。

 

 さる12月22日午前11時55分ごろ、大阪府和泉市の動物病院に乗用車が突っ込み、待合室にいた2人に軽傷を負わせる事故がありました。

 車を運転していた男性は「病院前の駐車場に止めようとバックする際、ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と話しています。

 

 ブレーキペダルに足を乗せてクリープ現象を利用してバックするときには、踏み間違いは滅多にありませんが、問題は後方を向いたままアクセルとブレーキを交互に踏むときです。

 

 身体を捻って後方を見てバックするときには、右足の位置がどこにあるかを感覚的につかめないことがあり、そのためブレーキを踏むつもりがアクセルを踏んでいたということになりやすいのです。

 

 それでも、アクセルを強く踏まなければ建物に突っ込むような事故は起こらないと思いますので、アクセルを踏みながらバックするときには意識してゆっくりと踏み込むようにしましょう。

 

(シンク出版株式会社 2016.12.28更新)

■バック事故防止指導教材のご案内

バック事故の多発にお悩みではありませんか?

 

 小冊子「自分で気づこう!! バック事故の危険」は、駐車場や構内・コンビニにおけるバック行動のイラストを見て、自分の運転上の危険をチェックすることができる小冊子です。

 

 自分自身でバック時の危険性に気づくことにより、バック事故防止を図る教材です。

 

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

6月29日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。