体調異変を感じたらすぐに停止を

 平成28年1月7日15時45分頃に、東京都小金井市で回送中の路線バスが歩道に乗り上げたり信号機をなぎ倒して暴走し、アパートに衝突するという事故がありました。

 

 このほど、国土交通省の自動車事故調査委員会が報告書を公表し、当時49歳のバスドライバーが運転中に発作を起こして意識を失い、けいれんで足が伸びて無意識のうちにアクセルを踏んでしまったことが事故の原因と発表しました。

 

 このドライバーは、定期健康診断や当日の点呼でも異常がなかったということですが、事故の3分前に視界がぼやける体調の異常を感じていたということです。

 

 報告書では、この時点でバスを停止させていれば、事故を防げた可能性があったと指摘しています。

 

 この事例に限らず、日頃健康な人でも運転中に気分が悪くなる可能性は誰にでもあると思います。

 

 万一、車を運転中にそういう体調異変を感じたときには、決して無理をして運転を続けず、すぐに安全な場所に停止するようにしてください。

(シンク出版株式会社 2017.5.31更新)

■プロドライバーのマナー・モラル教育用テキストを発行

 本テキストは、プロのトラックドライバーとして知っておかなければならないマナーとモラルについて解説しています。

 

 運転場面や得意先での対応場面など15事例を収録し、イラストでマナーの悪い例やモラルの低いドライバーの姿を描いています。

 

 これらの事例がどんな問題につながるか、ドライバーが考えて記入する参加型の教材となっていますので、マナーやモラルについて考える機会となり、改善のキッカケとなります。

 

監修:酒井 誠

  (一般社団法人 日本トラックドライバー育成機構代表理事)

 

 【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

10月19日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
トラック DVD 事故防止 映像教材

新作DVD

やっていますか?安全点呼

 

>> 詳しくはこちら

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。