狭い踏切を通過するときはより慎重に

画像はイメージです。文中の事故とは関係がありません
画像はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 さる5月30日午後2時40分ごろ、奈良県桜井市のJR線の踏切で、自動車と普通電車が衝突する事故がありました。

 

 車は踏切内で脱輪して立ち往生しており、運転していた女性は電車が衝突する前に避難していたため、けがはありませんでした。

 

 どのように車が脱輪したのかはわかりませんが、脱輪するぐらい左に寄ったということは、おそらく対向車とすれ違ったのではないかと考えられます。

 

 道路の幅が狭くて対向車とのすれ違いが難しいときには、対向車を先に通すなどして無理に踏切内に進入しないようにしなければなりません。

 

 また、脱輪した後の措置も大事です。脱輪して踏切内で立ち往生したら、すぐに列車に知らせることを考えなければなりません。何をさておき、踏切内にある警報機には非常ボタンが取り付けられていますから、その非常ボタンを押して列車に知らせる必要があります。

 

 いずれにしても、踏切内で脱輪することほど危険なことはありませんので、踏切を通過するときにはくれぐれも慎重な運転をお願いします。 

(シンク出版株式会社 2017.6.6更新)

■プロドライバーのマナー・モラル教育用テキストを発行

 本テキストは、プロのトラックドライバーとして知っておかなければならないマナーとモラルについて解説しています。

 

 運転場面や得意先での対応場面など15事例を収録し、イラストでマナーの悪い例やモラルの低いドライバーの姿を描いています。

 

 これらの事例がどんな問題につながるか、ドライバーが考えて記入する参加型の教材となっていますので、マナーやモラルについて考える機会となり、改善のキッカケとなります。

 

監修:酒井 誠

  (一般社団法人 日本トラックドライバー育成機構代表理事)

 

 【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

12月11日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。