警備員などの誘導を全面的に信用しない

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 先日、福岡県北九州市で発生した交通事故が警備員の交通誘導ミスに原因があるとして、警備員2名と現場責任者が書類送検されたという報道がありました。

 

 昨年12月9日、1車線規制された県道のカーブで2台のバイクが正面衝突して転倒し、バイク乗員の1人が死亡、1人が重傷を負う事故が発生しています。

 

 このとき、規制区間の両端にいた誘導警備員が2人ともバイクについて抑止や通行の連絡をしていなかったため、1車線の中で対面通行となって事故が起こってしまったものと判断され、警備員を監督する立場の現場管理者にも事故の責任があるとされ、6月5日に3人が送検されました。

 

 私達は、道路上に誘導者がいるとその指示に従うことに慣れていますし、制止されなかった場合は「行っても安全だ」と思ってしまいがちです。

 しかしこの事故のように、誘導者がミスをすることもありますので、全面的に信用してしまうのは危険です。

 

 とくに、山道など見通しの悪い工事区間では、自分の目で安全確認をする意識をもって、速度を落として慎重に走行しましょう。

 

(シンク出版株式会社 2017.6.12更新)

■プロドライバーのマナー・モラル教育用テキスト

 本テキストは、プロのトラックドライバーとして知っておかなければならないマナーとモラルについて解説しています。

 

 運転場面や得意先での対応場面など15事例を収録し、イラストでマナーの悪い例やモラルの低いドライバーの姿を描いています。

 

 これらの事例がどんな問題につながるか、ドライバーが考えて記入する参加型の教材となっていますので、マナーやモラルについて考える機会となり、改善のキッカケとなります。

 

監修:酒井 誠

  (一般社団法人 日本トラックドライバー育成機構代表理事)

 

 【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

8月22日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。