定員をオーバーして乗せない

写真はイメージです。本文の事故とは関係がありません。
写真はイメージです。本文の事故とは関係がありません。

 さる7月25日、静岡市清水区の市道を走行していた軽自動車が横転し、乗っていた7人が重軽傷を負う事故がありました。

 事故現場は、センターラインのない左カーブの下り坂で、乗車定員をオーバーして走行していた軽自動車が、カーブを曲がり切れなかったものとみられています。

 

 ある程度車の運転経験がある人ならすぐにわかると思いますが、一人で運転しているときと、乗車定員一杯に人を乗せているときとでは、明らかに車の動きが違ってきます。

 

 たとえば、乗車定員一杯に人を乗せて運転しているときに、一人で運転していると同じ感覚でブレーキを踏んでも、車が停止するまでに随分と距離が必要な感じがします。

 交差点などを曲がるときなどでも、一人のときと同じスピードで曲がっていても、外に車がふくらんでいくような感じがします。

 

 それだけ車の重量が増えると、車を安全に制御するのは簡単ではないわけですから、定員をオーバーしているとさらに車両重量が重くなるので、車をコントロールするのは難しくなります。

 

 車には乗車定員が定められていますので、絶対にその人数を超えて乗せないようにしてください。

(シンク出版株式会社 2017.7.28更新)

■あなたの運転 損していますか?得していますか?

 日頃何気なく運転をしているときでも、無意識のうちにこうしたほうが「得」をするとか、こうしないと「損」をすると考えて運転していることが多々あります。

 

 本冊子は、運転のなかで「損」「得」感情が出やすい6つの運転行為について、損する運転と得する運転をマンガでわかりやすく対比し、なぜ「得する運転」が安全に寄与するのかをデータを交えて解説しています。

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

6月19日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

駐車場・構内における

危険をキャッチしよう

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・トラック運転者のための

安全運転のポイント

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。