気をつけよう 夏休みの生活道路

 夏休みです。子どもたちが思わぬところにいる時期ですので、すいた道でも油断しないようにしてください。

 

 とくに、普段人通りの少ない郊外の生活道路などが要注意です。

 

 さる7月27日午前10時ごろ、横浜市神奈川区の幅員4mほどの私道で、帰省して実家の祖父を手伝って草むしりをしていた6歳の男児が、やってきた乗用車にひかれて死亡する事故が発生しました。

 

 事故現場はカーブで見通しが悪く、男児が草むしりのため道路脇にしゃがんでいて低い姿勢になっていたため、乗用車の運転者が見落としたと思われます。

 

 子どもなどがしゃがむと、車のボディの死角に入り、見えなくなることが少なくありません。

 

 こうした事故を防ぐためには、不用意に生活道路に入らないことが大切です。とくに私道では、住民は車が来ることを予測していないので、非常に危険です。

 やむを得ずこうした道路を走行する場合は、最徐行で念入りに安全確認をしましょう。

 

(シンク出版株式会社 2017.8.2更新)

■あなたのその運転、損をしていませんか?

 日頃何気なく運転をしているときでも、無意識のうちにこうしたほうが「得」をするとか、こうしないと「損」をすると考えて運転していることが多々あります。

 

 本冊子は、運転のなかで「損」「得」感情が出やすい6つの運転行為について、損する運転と得する運転をマンガでわかりやすく対比し、なぜ「得する運転」が安全に寄与するのかをデータを交えて解説しています。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

8月22日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。