携帯電話はしまっておきましょう

 運転中に携帯電話やスマートフォンを助手席など手に取れる場所に置いていませんか?

 

 先日も、携帯電話を見ていた運転者が重大な事故を起こしました。

 

 8月3日午前10時15分ごろ、静岡県島田市の東名高速道路トンネル内で大型トラックが前方の二輪車に追突したのをきっかけに、車両6台の玉突き事故となり、二輪車に乗っていた女性が死亡しました。

 

 トラック運転者は、「スマートフォンを見ていて脇見運転になった」と供述しています。

 

 高速道路のトンネル内ではたびたび深刻な追突事故が発生していますので、プロのトラック運転者はよく自覚しているはずですが、スマートフォンに脇見していたとは、信じられない危険な運転です。

 

 しかし我々も、「自分は運転中に通話をしないし携帯画面は見ない」と思っていながらも、メールの受信などに気づくと、つい手にとってしまう危険性がないとは言えません。

 

 ですから、携帯電話を見たいという誘惑にかられないように、カバンの中など見えない所にしまっておくことが大切です。 

(シンク出版株式会社 2017.8.15更新)

■あなたの運転、損をしていませんか?

 日頃何気なく運転をしているときでも、無意識のうちにこうしたほうが「得」をするとか、こうしないと「損」をすると考えて運転していることが多々あります。

 

 本冊子は、運転のなかで「損」「得」感情が出やすい6つの運転行為について、損する運転と得する運転をマンガでわかりやすく対比し、なぜ「得する運転」が安全に寄与するのかをデータを交えて解説しています。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

11月20日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。