ドアを開けたままでのバックは危険

 さる8月5日午前0時20分ごろ、愛媛県伊予市の製材会社の駐車場で従業員の男性が頭から血を流して倒れており、病院に搬送されましたが死亡する事故がありました。

 

 事故の状況から、男性は運転席のドアを開けたまま車をバックで駐車しようとした際に、駐車場に置いてあった重さ30~50キロのL字型の金属部品をタイヤが跳ね上げ、男性の頭に直撃したのではないかとみられています。 

 

 ドライバーのなかには、車をバックするときにドアを開けて顔を出したまま、後退させる人がいます。

 

 バックするときにドアを開けて後方を見ると、車両後部と障害物がよく見えるなどの理由です。

 しかし、バックしている途中に電柱や街路灯などと車体の間に頭を挟まれて死亡することがあり注意が必要です。

 

 昼間なら電柱や街路灯などはよく見えるので、こういう事故は起こりにくいのですが、周囲がよく見えない夜間ではこうした事故が起きやすくなります。

 

 夜間など周囲が見えにくいときには、ドアを開けないでバックするほうが無難かもしれません。

 

(シンク出版株式会社 2017.8.18更新)

■バック事故防止指導教材のご案内

バック事故の多発にお悩みではありませんか?

 

 小冊子「自分で気づこう!! バック事故の危険」は、駐車場や構内・コンビニにおけるバック行動のイラストを見て、自分の運転上の危険をチェックすることができる小冊子です。

 

 自分自身でバック時の危険性に気づくことにより、バック事故防止を図る教材です。

 

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月21日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。