ヘルメットを正しく着用しましょう

 

 このたび、栃木県警察本部がバイク事故を分析した結果を発表しましたが、そのなかでバイク乗車中に死亡した人の約4割が、事故時にヘルメットが外れていたことが判明し、注意を促しています。

 

 同県警の調査によると、平成28年中に自動二輪車・原付バイクに乗っていて死亡した人は12人いました。

 

 12人全員が事故時にヘルメットを着用していましたが、このうち5人(41.7%)が事故の衝撃などでヘルメットが外れたことにより頭部を強く打ち、死亡したことがわかりました。

 

 兵庫県警の過去10年間にわたるバイク事故調査でも、同様に約4割の頭部損傷死亡事故はヘルメット脱落によるとされています。

 

 ヘルメットは、アゴひもをきちんと締めていなかったり緩めたりしたことにより脱げるケースが大半とみられます。

 

 バイクに乗る人はしっかりしと正しくヘルメットを着用するように心がけましょう。

 

 また脱着が簡単な軽いタイプのヘルメットほど衝撃で脱げやすいので、脱げ防止機能のついた堅牢なヘルメットを使用して自分の命を守ることが大切です。 

(シンク出版株式会社 2017.9.4更新)

■あなたの運転、損をしていませんか?

日頃何気なく運転をしているときでも、無意識のうちにこうしたほうが「得」をするとか、こうしないと「損」をすると考えて運転していることが多々あります。

 

 本冊子は、運転のなかで「損」「得」感情が出やすい6つの運転行為について、損する運転と得する運転をマンガでわかりやすく対比し、なぜ「得する運転」が安全に寄与するのかをデータを交えて解説しています。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月27日(水

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。