トラックの間に挟まれて長時間走らない

 さる9月30日午前8時半すぎ、群馬県行橋市の見通しのよい片側1車線の道路で、大型トラック2台とその間を走っていた乗用車のあわせて3台が次々に追突する事故がありました。

 

 事故の詳細はまだ調査中ですが、乗用車が後ろのトラックに見落とされた可能性もあります。

 トラックの間に乗用車が入って走行していると、後ろにいる運転席の高いトラックの運転者は車高の低い乗用車の存在を軽視して走行することがあります。

 

 後ろのトラックの運転者は目線を真っすぐ前に向けて、乗用車の前にいるトラックの後部を見ながら運転するほうが楽に走れるからです。

 

 そのため、乗用車の前にいるトラックがスピードを出せば、後ろにいるトラックも連られてアクセルと踏み、ブレーキを踏めばブレーキを踏むというような運転をしがちです。

 

 そのとき、乗用車も同じような動きをしていればいいのですが、乗用車だけがスピードを落としていると、乗用車の動きにあまり注意をしていない後ろのトラックは、スピードが落ちている乗用車に気づかずに追突してしまうのです。

 

 乗用車など車高の低い車を運転していて、大型トラックの間に挟まれて走行することになったら、機会をみてどこかで休憩するなど、後ろのトラックに先を譲るようにしましょう。

 

(シンク出版株式会社 2017.10.10更新)

■あなたの運転、損をしていませんか?

 日頃何気なく運転をしているときでも、無意識のうちにこうしたほうが「得」をするとか、こうしないと「損」をすると考えて運転していることが多々あります。

 

 本冊子は、運転のなかで「損」「得」感情が出やすい6つの運転行為について、損する運転と得する運転をマンガでわかりやすく対比し、なぜ「得する運転」が安全に寄与するのかをデータを交えて解説しています。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

10月18日(水

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。