2人に1人が運転中に「ながらスマホ」

 このたび、内閣府の世論調査によって運転中に携帯電話・スマートフォンを使用する「ながら運転」の経験者が4割近いことがわかりました。

 

 今年8~9月にかけて1,911人に実施した調査によると、約37%の698人が走行中や停車中にながら運転の経験があると答えました。

 

 スマートフォンや携帯電話で通話をしたり、画面をじっと見たりした経験について、「スピードに関係なく走行中」が135人、「渋滞などゆっくり走っている時」が113人、「信号待ちなど停止中」と答えた人が450人でした。

 

 多くは停止中の使用ですが、1,911人のうちペーパードライバーなど普段は運転しない人の523人を除くと、実質的にドライバーのほぼ半数が「ながらスマホ」などの経験があることになります。

 

 利用目的で最も多い回答は「電話やアプリ通話に出るため」の47.7%。次いで「メールや通信アプリのメッセージ確認」の44.8%、「電話や通信アプリの発信元確認」44.7%の順でした。

 

 警察庁によると、「ながら運転」による事故は年間約2千件発生し、死亡事故も30件近くに上っています。

 くれぐれも、運転中は携帯電話などを手の届かない場所にしまって使用しないようにしましょう。

 

(シンク出版株式会社 2017.11.20更新)

■あなたの運転 損をしていませんか?

 日頃何気なく運転をしているときでも、無意識のうちにこうしたほうが「得」をするとか、こうしないと「損」をすると考えて運転していることが多々あります。

 

 本冊子は、運転のなかで「損」「得」感情が出やすい6つの運転行為について、損する運転と得する運転をマンガでわかりやすく対比し、なぜ「得する運転」が安全に寄与するのかをデータを交えて解説しています。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

1月22日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。