最高速度の標識を意識していますか

 郊外の国道などを走行していると道幅や路面状態には変化がないのに、突然「50」「40」など最高速度の制限を示す標識が立っていることがあります。

 

 多くの車が速度を落とすことなく走行し続けているようですが、今まで時速60キロ等で走行することができた道路に制限規制がかかるのには意味がありますので、警戒して速度を落とす習慣をつけましょう。

 

 よくあるのは、道幅は同じでも集落部・市内部に入って人家や店舗が多くなり道路横断などの歩行者・自転車が多くなる場所であるため、標識による最高速度の指定が行われているケースです。

 

 また、カーブなどで前方の見通しが悪い場所、前方に交通量の多い複雑な交通点が隠れている場所なども規制がかかりますので、最高速度を示す標識を見たら漫然と走行しないで注意力を高める必要があります。

 

 標識を軽視して警戒せずに速い速度のまま走行すると、飛出しなどに対応できないで事故を起こす危険が高まるだけでなく、事故の過失責任割合もそれだけ大きくなることを自覚しましょう。

 

(シンク出版株式会社 2017.11.27更新)

■あなたの運転、損をしていませんか

 日頃何気なく運転をしているときでも、無意識のうちにこうしたほうが「得」をするとか、こうしないと「損」をすると考えて運転していることが多々あります。

 しかし、本当に得な安全で効率的な運転を理解していない場合が少なくありません。

 

 本冊子は、運転のなかで「損」「得」感情が出やすい6つの運転行為について、損する運転と得する運転をマンガでわかりやすく対比し、なぜ「得する運転」が安全に寄与するのかをデータを交えて解説しています。

【詳しくはこちら】

 

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月18日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。