200両以上の事業者に安全管理規程届出を義務づけ

■平成30年4月1日施行

運輸安全マネジメント200両以上

 旅客自動車運送事業運輸規則、貨物自動車運送事業安全規則の一部改正に伴い(2017年12月公布)、2018年4月より、車両を200両以上保有するトラック運送事業者、タクシー事業者に対しても運輸安全マネジメントに係る「安全管理規程」の設定と届出、安全統括管理者の選任と届出が義務づけられます。

 

 「自動車輸送分野における安全管理の取組み強化を図るように」とされた運輸審議会の答申を受け、4月1日より施行されました。 

  

 すでに、貸切バスに関しては全事業者、乗合バス事業者に関しても200両以上からが対象となっていますが、トラックとタクシーに関しては今まで保有車両300両以上とされ、比較的大規模な事業者にのみ義務づけられていました。 

■3か月以内に規程の制定と選任の届出を行う

 改正に伴い、新たに義務づけ対象となった事業者は安全管理規程を定めて、規程及び安全統括管理者選任の届出を主たる事務所を管轄する運輸支局(輸送担当)に提出する必要があります。 

 ただし新たに対象となる事業者には経過措置があり、施行日より3か月以内(6月いっぱい)に届出をすればよいことになっています。

 

 【関連記事】

確実ですか? 朝礼・点呼・健康観察危機管理意識を高めよう

健康管理を徹底していますか?(危機管理意識を高めよう)

従業員の健康問題についての指導(安全管理法律相談)

トラックドライバーの健康管理をテーマにセミナーを開催(取材レポート)

運転者の健康管理マニュアルを改訂──国土交通省(交通安全ニュース)

事故に結びつく健康リスクを意識しよう──高血圧の危険

トラックドライバー向けの指導・監督資料については  → こちらを参照

 貨物自動車向けテキスト「運行管理者のドライバー教育ツール」は、指導・監督の指針12項目にそった内容で編集されています。

 点呼時や安全教育の機会をとらえて、簡単に12項目について指導できるようにイラスト中心とした内容になっています。

 

 言葉だけでは伝わりにくい安全運転の知識や注意事項も、イラストがあればより具体的に危険ポイントをイメージすることができます。また、付属の教育記録簿を使用すれば、そのまま指導・監督の記録として保存できます。

 

 2017年に道路交通法改正によって導入された中型自動車免許の内容もわかりやすく解説しています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

12月17日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。