飲酒運転をすれば仕事を失います

教頭先生が酒気帯び運転

 飲酒運転が悪質な交通犯罪であることは、今さら言うまでもありませんが、依然として酒気帯び運転のニュースがなくなりません。

 酒気帯び運転で事故を起こさなくても、検挙されただけで職を失う例があることに気づいていますか?

 

 さる4月18日、千葉県で小学校の教頭を務める教師(50)が酒気帯び運転で検挙されたことが発覚し、県教育委員会から6か月の停職処分を受けて依願退職しています。

 

 この教師は、懇親会で同僚教師たちと飲酒し帰宅するためにマイカーを運転していて、警ら中の警察官に飲酒運転で検挙されたということです。

 

 アルコールが残っていても「事故や違反を犯さなければ見つからないだろう」と甘く考えているドライバーが多いようですが、警察官は捜査のプロです。飲酒運転の車はブレーキを踏む回数が多かったり速度が不安定であったりして、すぐにわかるそうです。

 

 この時期は、職場の歓迎会などで飲む機会が多いでしょうが、飲酒運転は必ず発覚すると考えて「お酒を飲んだら絶対に運転しない」という意識を強く持ちましょう。

 

(シンク出版株式会社 2018.4.24更新)

■「酒気残り」の危険に気づこう

いわゆる二日酔いや、少し仮眠したから大丈夫と思って車を運転し、飲酒運転に陥る事例が後を絶ちません。

 

小冊子「『酒気残り』による飲酒運転を防ごう」は、川崎医療福祉大学の金光義弘特任教授の監修のもと、酒気残りのアルコールが身体に与える影響や、本人の 自覚と実際のアルコール含有量のギャップなどを紹介しており、「酒気残り」による飲酒運転の危険をわかりやすく理解することができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

9月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
トラック DVD 事故防止 映像教材

新作DVD

やっていますか?安全点呼

 

>> 詳しくはこちら

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。