反対側の店舗に入るときは後続バイクをチェック

写真はイメージです。本文の事故とは関係がありません
写真はイメージです。本文の事故とは関係がありません

 さる5月27日午前6時ごろ、岐阜県郡上市の国道で軽乗用車が道路沿いにあるコンビニに入るため右折しようとしたところ、軽乗用車を右側から追い抜こうとしたバイクと衝突し、バイクに乗っていた男性が死亡する事故がありました。 

 

 車を運転しているときに、反対車線側にある店舗に入ろうとして減速したところにバイクが右から追い越してくることがたまにあります。

 

 こうした運転をするバイクのライダーに問題があるのはもちろんですが、右折横断しようとする運転者の意識としては、まさかこのタイミングで追い越してくる車はいないだろうという油断があり、あまり右後方に注意が向いていないことも事故の一因となっていると思います。

 

 この事例のように道路沿いにある店舗に入るときや、狭い道路に右折で入るときなどには、後続のバイクが追い越してくることがあります。

 

 道路を右折横断して反対側の店舗に入るときには、対向車の有無や進入先の横断歩道の歩行者などに気を配るのはもちろんですが、後方にバイクがいないかもチェックするようにしましょう。

(シンク出版株式会社 2018.6.1更新)

■あなたの運転 損をしていませんか?

日頃何気なく運転をしているときでも、無意識のうちにこうしたほうが「得」をするとか、こうしないと「損」をすると考えて運転していることが多々あります。

 

 本冊子は、運転のなかで「損」「得」感情が出やすい6つの運転行為について、損する運転と得する運転をマンガでわかりやすく対比し、なぜ「得する運転」が安全に寄与するのかをデータを交えて解説しています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

8月20日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・安全なプロトラックドライバーを育てるマナーとモラル

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。