運転中は落ちたペットボトル等を拾わない

落ちた物を拾おうとすると、わき見運転に陥る
落ちた物を拾おうとすると、わき見運転に陥る

 先日、国土交通省の事業用自動車事故調査委員会が重大事故の調査報告書を発表しました。

 

 そのなかで、平成28年5月3日午後9時39分頃、山口県下松市の山陽自動車道を走行していた中型トラックが渋滞の車列に突っ込み母親と子ども2人の3人が死亡、7人が重軽傷を負った事故について、ドライバーがおよそ9秒間にわたって前を見ずに運転していた可能性があると指摘しました。

 

 ドライバーは、「落としたペットボトルを拾おうと運転席でかがみこんだ状態で200mあまり走行した」と話していて、このときのスピードは制限速度の50キロを大幅に上回る時速90キロに達していたことがわかりました。

 

 誰でも前を見ずに運転するのは、恐怖を感じると思います。それが時速90キロという高速ならなおさらです。

 

 時速90キロで走行している車は、1秒間に25mも進みますので、9秒もわき見をするなんてとてもプロのトラックドライバーの運転行為とは思えません。

 

 なぜ運転中にペットボトルを拾おうとしたのかわかりませんが、運転中にわき見となるような行為は絶対にしないよう、肝に銘じてください。

 

(シンク出版株式会社 2018.6.18更新)

■追突事故防止に向けた指導教材のご案内

 多発する追突事故の原因の多くは、わき見や漫然運転など運転者のうっかりミスであり、事故防止対策には、運転者の追突原因に対する気づきが重要です。

 

  教育用小冊子「自分で気づこう!!追突事故の危険」は、7つの事故事例をもとに自分自身の運転態度をチェックすることができ、「わき見」「思い込み」「漫然運転」による追突防止のための有効な教育教材となっています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

11月21日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。