安易に脇道を迂回するのは危険です

 先日、高速道路を迂回すると山道などに迷い込む危険があるお話をしましたが、街中で一般の幹線道路から脇道に迂回するときにも注意が必要です。

 

 年末で道路が混雑してくると、脇道を抜け道として使いたくなることもあるでしょうが、こうした脇道には、幹線道路にはない思わぬ落とし穴があります。

 

 さる12月24日正午過ぎ、大阪市城東区で国道163号の側道を走行していた2トントラックが、京阪電鉄の高架手前に設置されている防護バーに衝突し、荷台が破損する事故が起こりました。

 

 側道は高さ制限が2.2mでトラックの荷台は3mありましたが、トラック運転者は国道の本線が渋滞していたので、迂回して脇の側道を走ろうとして、うっかり高さ制限を忘れて衝突したものです。本線の高架下は高さ3mでも十分走行できました。

 

 側道や脇道は道幅も狭く、高さ制限があったり歩行者などに接触する恐れがありますので、安易に走行するのは危険です。混んでいても、制限の少ない幹線道路を落ち着いて走行するように心がけましょう。 

(シンク出版株式会社 2018.12.27更新)

■交通の危険を認識して事故を防止しましょう

 あなたは危険な運転行動を「危険」と認識できていますか?

 

 自己診断テスト「事故を防ぐ危険認識度チェック」は、日頃の運転を振り返り、48の質問に「ハイ」「イイエ」で答えていただくだけで、事故を防ぐために大切な「危険認識度」をつかむことができます。

  「運転行動を変えるとき」や「死角に対する危険認識」など6つのパターンに分析しますので、どういう状況での危険認識度が低いかを確認できます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

4月24日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。