後部座席・シートベルト非着用の致死率は9倍

 警察庁の調査によると、2018年中に起きた交通事故のうち後部座席シートベルトを着用していなかった場合の致死率は、着用していた場合に比べて高速道路では9倍以上、一般道でも3.5倍高くなっていたことが、先日のニュースで報道されました。

 

 高速道路で後部座席のシートベルトを着用していた場合の致死率は0.37%だったのに対して、着用していなかった場合は9.2倍の3.4%でした。

 

 また、一般道路での着用時致死率は0.18%だったのに対し、着用していなかった場合は0.64%だったということです。

 

 後部座席シートベルトの着用が義務化されてから11年も経過しますが、未だに後部座席のベルト着用率は高速道路で86%、一般道で65.6%にとどまっています。

 

 このため、依然として非着用のために事故で死亡するケースが減少していないことに警察庁は警鐘を鳴らしています。後部座席の人にシートベルトの着用を促すことは、ドライバーの義務であることを自覚しましょう。

 

 発進前に必ず全員がシートベルトを着用していることを確認してから、アクセルを踏むようにしてください。

(シンク出版株式会社 2019.2.27更新)

■危険・迷惑な運転をしていませんか

 最近、他の車をあおったり、運転中にスマートフォンを操作したり、危険な場所に駐車して追突事故を誘発するなど、「ドライバー失格」と言える行為が目立つようになり、取締りや罰則が厳しくなる傾向にあります。

 

 この冊子では、代表的な危険・迷惑運転を取り上げ、その罰則の重さと、運転上の注意ポイントを解説しています。 

 

 ドライバー向けのセルフチェック欄も設けていますので、自分が無意識のうちに危険・迷惑運転をしていないかチェックすることができます。今、事業所にとって運転者教育に最適の小冊子です。

 

  

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

8月22日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。