朝の通勤時はすり抜けバイクに注意

 さる2月27日午前7時ごろ、和歌山市の道路を走行していたバイクが転倒し、運転していた男性が意識不明となる事故がありました。

 

 事故の現場は片側2車線の直線道路で、バイクは走行する車と車の間を走っていたということで、バイクが走行中の車にぶつかって倒れた可能性もあるとみています。

 

 朝の通勤時間帯に車を運転していると、バイクが車の周りを頻繁にすり抜けたり、進路変更したりすることがよくあります。

 

 たとえば、信号待ちをするときに、少しでも空いた車線に行こうとして車が車線変更をすることがありますが、そのとき後方から走行していたバイクが車の側方を通過することがあります。このとき、バイクの存在に気づくのが遅れたりすると、衝突することになります。

 

 通勤時間帯に走行しているバイクは、先を急いで少しでも前に行こうとして、車の間をすり抜けていきます。車線変更などで車を動かすときには、周りにいるバイクの存在を見逃さないようにしてください。 

(シンク出版株式会社 2019.3.7更新)

■危険・迷惑な運転をしていませんか

 最近、他の車をあおったり、運転中にスマートフォンを操作して重大事故を誘発するなど、「ドライバー失格」と言える行為が目立つようになり、取締りや罰則が厳しくなる傾向にあります。

 

 この冊子では、代表的な危険・迷惑運転を取り上げ、その罰則の重さと、運転上の注意ポイントを解説しています。 

 

 ドライバー向けのセルフチェック欄も設けていますので、自分が無意識のうちに危険・迷惑運転をしていないかチェックすることができます。今、事業所にとって運転者教育に最適の小冊子です。

 

  

【詳しくはこちら】

 

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

8月26日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。