夜間の追越しは慎重に

写真はイメージです。本文の事故とは関係がありません
写真はイメージです。本文の事故とは関係がありません

 さる3月12日午前4時半ごろ、山形県西川町の国道を走行していた乗用車と大型トラックが正面衝突し、乗用車の後部座席に座っていた男性が死亡し、運転席と助手席にいた男性2人が重傷を負う事故がありました。

 

 事故の現場は、片側1車線の見通しのよい直線道路で、乗用車が前の車を追い越そうとして対向車線にはみ出したものとみられています。

 

 前車を追い越すときには、対向車が来ているかどうかをまず確認するのですが、事故が起きた時間帯をみれば対向車の大型トラックはヘッドライトを点灯させていたと思います。

 

 乗用車の運転者が対向車のヘッドライトの存在を見落とすことはあまり考えられませんので、対向車の位置をまだ遠くにいると勘違いしたのではないかと思います。

 

 昼間でも対向車の位置を把握するのは難しいのですが、夜間となると周りの景色が見えなくなり、ヘッドライトだけを見て対向車の位置やスピードを判断することは非常に困難です。

 夜間は、対向車線のヘッドライトが見えたら追越しは絶対にしないようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2019.3.15更新)

■あなたは、危険・迷惑な運転をしていませんか?

 最近、他の車をあおったり、運転中にスマートフォンを操作して重大事故を誘発するなど、「ドライバー失格」と言える行為が目立つようになり、取締りや罰則が厳しくなっています。

 

 この冊子では、代表的な危険・迷惑運転を取り上げ、その罰則の重さと、運転上の注意ポイントを解説しています。 

 

 ドライバー向けのセルフチェック欄も設けていますので、自分が無意識のうちに危険・迷惑運転をしていないかチェックすることができます。今、事業所にとって運転者教育に最適の小冊子です。

 

  

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月19日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。