事故にあったら救急隊に任せましょう

 さる3月15日午後2時20分ごろ、長崎県波佐見町で乗用車がガードパイプに衝突する事故がありました。

 運転していた78歳の男性は事故直後も意識があったそうで、救急車による搬送を断って自ら病院で手当を受け、自宅に戻ってから翌朝までに亡くなりました。

 

 男性の同居家族は、翌日になって男性が心肺停止状態になっていることに気づきましたが、死因は事故の衝撃による出血性ショックだとみられています。

 

 私達も、自損事故などを起こしたとき、意識がしっかりしていてそれほどの痛みがない場合は、救急車に来てもらうのが恥ずかしくなって、大丈夫と断ることがあるかも知れません。

 

 しかし、頭や腹部を打っている場合は思わぬ衝撃を受けている恐れがあり、時間がたってから症状が出て危険なケースがあります。

 

 救急隊員はプロであり交通事故被害者の搬送経験が多く、素人ではわからない兆候に気づくかも知れません。また、救急搬送時に交通事故の状況を医師に伝えますので、必要な検査をしてもらえる可能性が高まります。

 

 救急車を呼べる状況では、救急隊員に任せることが大切です。

 

(シンク出版株式会社 2019.3.27更新)

■あなたは、危険・迷惑な運転をしていませんか?

 最近、他の車をあおったり、運転中にスマートフォンを操作して重大事故を誘発するなど、「ドライバー失格」と言える行為が目立つようになり、取締りや罰則が厳しくなっています。

 

 この冊子では、代表的な危険・迷惑運転を取り上げ、その罰則の重さと、運転上の注意ポイントを解説しています。 

 

 ドライバー向けのセルフチェック欄も設けていますので、自分が無意識のうちに危険・迷惑運転をしていないかチェックすることができます。今、事業所にとって運転者教育に最適の小冊子です。

 

  

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

12月13日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。