わき道から合流するときはバイクに注意

写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 さる3月24日午後3時頃、長崎県対馬市の県道を直進していたバイクがわき道から進入してきた普通乗用車と衝突し、バイクを運転していた男性が死亡する事故がありました。

 

 詳しい事故の原因は調査中ということですが、車の運転者がバイクの存在を見落としたか、バイクの存在に気づいていたけれど強引に進入したか、のどちらかだと思います。

 

 車を運転していて、わき道から道路に進入するときに、バイクが近づいてくることがよくあります。

 

 このとき、強引に進入する車の運転者の心理としては、バイクの車体が小さいために遠くにいるだろうとか、このまま合流すればバイクが避けてくれるだろうという意識を持ちがちです。

 

 ところが、小さく見えていたバイクは意外と近くにいたり、スピードも速かったして、衝突することが少なくありません。

 

 また、バイクが避けてくれるだろうという運転者の意識ですが、バイクのライダーの視線は前方の路面を見ていることが多く、左右から合流してくる車の存在に気づきにくいという視界特性があり、意外と気づかれていないことが多いのです。

 

 わき道から合流するときには、バイクの存在を無視しないようにしてください

 

(シンク出版株式会社 2019.3.29更新)

■危険・迷惑運転をする人はドライバー失格!

 最近、他の車をいたずらにあおる運転をして危険を生み出したり、運転中にスマートフォンを操作して重大事故を起こすなど、ドライバー失格と言える行為が目立つようになり、取締りや罰則が厳しくなる傾向にあります。

 

 この冊子では、代表的な危険・迷惑運転を取り上げ、その罰則の重さと、運転上の注意ポイントを解説しています。 

 

 ドライバー向けのセルフチェック欄も設けていますので、自分が無意識のうちに危険・迷惑運転をしていないかチェックすることができます。今、事業所にとって運転者教育に最適の小冊子です。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

10月23日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。