腹を立てて車のドアを叩くと暴行罪になる

 

 走行中、他の車からクラクションを鳴らされたり、パッシングされて腹が立つことはありませんか?

 こんなときは相手も感情的になっていますから、むきになると「あおり運転」の応酬になりかねませんので、気を鎮めることが大切です。

 

 さる6月14日、佐賀県内でバス運転者の男性(39歳)がマイカー運転中のあおり運転などを理由に「暴行罪」で逮捕される事件がありました。

 

 この男性は、今年4月21日佐賀県武雄市の県道で30代男性が運転する乗用車を追い越した際にパッシングされたことに腹を立て、急ブレーキをかけるなどして男性の車を停車させ、「出てこい、こらぁ」などと言って運転席の窓ガラスを叩いた疑いで逮捕されました。

 

 逮捕された男性は「やり返しただけ」と供述しているそうです。

 

 相手に全く責任がないとは言えない状況であっても、カッとしてしまうと道路交通法違反だけでは済まずに暴行罪などの重罪を負う危険があります。

 常に心を落ち着かせて、嫌な車がいたら自分から離れるようにしましょう。

 

(シンク出版株式会社 2019.6.26更新)

■危険・迷惑な運転をしていませんか

 最近、他の車をあおったり、運転中にスマートフォンを操作して重大事故を誘発するなど、「ドライバー失格」と言える行為が目立つようになり、取締りや罰則が厳しくなっています。

 

 この冊子では、代表的な危険・迷惑運転を取り上げ、その罰則の重さと、運転上の注意ポイントを解説しています。 

 

 ドライバー向けのセルフチェック欄も設けていますので、自分が無意識のうちに危険・迷惑運転をしていないかチェックすることができます。今、事業所にとって運転者教育に最適の小冊子です。

 

  

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月24日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。