横断者に道を譲るために停車する車に注意

写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 さる7月7日午前10時ごろ、佐賀県鳥栖市の国道34号線の交差点で一時停止していた軽自動車に後ろからきた普通乗用車が追突し、追突された軽自動車が押し出され、道路を渡っていた高齢者がはねられ死亡する事故がありました。

 

 事故現場の交差点には信号機はなく、横断歩道橋と自転車横断帯がありましたが、高齢者は自転車横断帯を歩いて渡っていたということです。

 

 軽乗用車は、高齢者が横断するのを一時停止して待っていたのですが、後ろから来た普通乗用車は「前をよく見ていなかった」と話しているということです。

 

 高齢者などは、信号機がない場所を無理やり横断することがよくあります。

 

 それに気づいた車は一時停止して進路を譲るのですが、後ろから来る車は一時停止している車に気づくのが遅れたりして追突することがあります。

 

 また、気づいていたとしても停止車両の横を追い抜いたりして、横断歩行者と衝突する事故もあります。

 

 信号機がない場所などに車両が停止していたら、その先に横断歩行者がいるかもしれないと考え、スピードを落として近づきましょう。

(シンク出版株式会社 2019.7.11更新)

■追突の危険要因に気づくことが重要です

 多発する追突事故の原因の多くは、わき見や漫然運転など運転者のうっかりミスであり、事故を防止するためには、運転者自身の追突原因に対する気づきが重要です。

 

 教育用小冊子「自分で気づこう!!追突事故の危険」は、7つの事故事例をもとに自分自身の運転態度をチェックすることができ、「わき見」「思い込み」「漫然運転」等による追突事故防止のための教育教材です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

11月18日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。