あおり運転、一つ間違えれば死亡事故

 

 先日、常磐自動車道における白い外車の「あおり運転」と暴行の様子を撮影したドライブレコーダー映像がニュースで繰り返し報道され、その横暴ぶりに皆さんも驚かれたと思います。

 

 追越車線ですぐ抜けなかったことにカッとしたようですが、高速道路の本線上に車を止めさせて、被害者を脅し暴行していました。

 このような行為は、へたをすれば自分自身も追突事故に巻き込まれるので、よほど無謀な運転者だと思います。

 

 こうした事態に巻き込まれて、もし死傷事故にあえば被害者は本当に悲劇です。

 なお、人や車を叩けば暴行罪や傷害罪が適用され、無事故であってもあおった運転者は有罪となります。

 

 ニュース映像では繰り返し目の前で停車され身動きが取れず、被害者は結果的に止まらざるを得なかったそうですが、サービスエリアの入り口付近でしたので、こんな場合は恐怖心を乗り越え何とかサービスエリアなどに逃げ込むように心がけましょう。

 

 サービスエリアでは落ち着いて110番通報ができますし、大勢の人の目があるといくら興奮した危険な人でも行動にブレーキがかかることがあります。

 いずれにせよ、本線上で長くとどまるほど追突される危険が増しますので、注意してください。

 

 (シンク出版株式会社 2019.8.19更新)

■危険・迷惑運転をする人はドライバー失格!

 最近、他の車をあおって危険を生み出したり、運転中にスマートフォンを操作して、重大事故を起こすなど、ドライバー失格と言える行為が目立つようになりました。

 

 この冊子では、代表的な危険・迷惑運転を取り上げ、その罰則の重さと、運転上の注意ポイントを解説しています。 

 

 ドライバー向けのセルフチェック欄も設けていますので、自分が無意識のうちに危険・迷惑運転をしていないかチェックすることができます。

 今、事業所にとって運転者教育に最適の小冊子です。

 

 

【詳しくはこちら】

 

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

8月19日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。