雨の高速道路ではスピードを落とそう

写真はイメージです。事故とは直接関係ありません。
写真はイメージです。事故とは直接関係ありません。

 さる7月6日午後9時45分ごろ、岐阜県土岐市の中央自動車道を走行していた乗用車が雨でスリップして中央分離帯に衝突して止まったところに、後続のトラックや乗用車5台が次々と衝突する事故がありました。

 

 雨が降って路面が濡れていると滑りやすくなるということは、運転者なら誰でも知っていると思いますが、一般道路を走行している限りスピードもそれほど出ていませんので、スリップしやすいという感覚を持つことなく運転することができると思います。

 

 そのため、雨の日でも晴れた日と同じようなスピード感覚で運転する人が少なくありません。

 しかし、一般道路ではさほど支障がなく運転できても、高速道路のようなハイスピードで走行する道路では、濡れた路面のスリップしやすさの影響を確実に受けることになります。

 

 すべり摩擦係数は、時速40キロでは乾燥路面と湿潤路面ではあまり変わりませんが、時速80キロになると湿潤路面は乾燥路面の半分くらいになっているからです。

 

 雨の日に高速道路を走行する場合には、絶対に晴れの日と同じようなスピードで運転しないようにしてください。

(シンク出版株式会社 2020.7.17更新)

■あおり運転の罰則強化を詳しく解説した改訂版を発売

 好評いただいている小冊子「ドライバー失格!危険・迷惑運転」に、あおり運転の罰則強化の項目を追加した改訂二版を発売しました。また、2019年12月から施行されている「ながら運転」に対する罰則強化も詳しく解説しています。

 

 「あおり」や「ながら」といった違反は企業イメージを大きく低下させてしまうため、対策の徹底が必要です。本書は普段の運転ぶりをチェックするところから始まりますので、従業員にもう一度運転行動を見直すきっかけを供与することができます。

 

 ぜひ本書を活用いただき、交通安全意識の高揚にお役立てください。

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

10月26日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。