横断している電動車いすに注意

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 さる10月28日午後2時ごろ、長野市の国道を走行していた軽乗用車が、道路右側から電動車いすに乗って横断してきた高齢女性をはねて死亡させる事故がありました。

 

 事故の現場は、片側1車線の見通しのよい道路ですが、事故当時は交通量が多く、電動車いすの高齢女性は横断歩道のない場所を渡っていたということです。

 

 軽乗用車を運転していた男性は「電動車いすの女性が横断しているのが見えなかった」などと話しているということです。

 

 自動車と電動車いすとの事故は少なからず起きていますが、その背景には、自動車の運転者から電動車いすを発見しにくいことあります。電動車いすは、歩行者や自転車などと比較すると背丈が低いために、車の死角や街路樹などに隠れてしまいがちで、発見するのが困難な面があります。

 

 もう一つは、横断歩道もない場所では、頭の中に横断してくる歩行者などはいないだろうという考えがあり、横断者に対する注意が希薄になっている面もあります。

 

 電動車いすの利用者は、これから先も増えていくと思いますので、横断歩道のない場所でも電動車いすの人が渡ってくるかもしれないと考えて注意を怠らないようにしましょう。

 

(シンク出版株式会社 2020.11.11更新)

■「鳥の視点」で運転席からは見えない危険を発見しよう

 交差点事故を起こさないためには、運転席からは見えない危険を見つけ出すことが大切です。そうした危険を発見するには、運転席の上空から見る鳥のような視点を持って、交差点全体の交通場面をイメージする力(メタ認知能力)が必要となります。

 

 新刊小冊子「交差点を鳥の目で視ると隠れた危険が見えてくる」では、交差点の6つの運転場面を提示して、隠れた危険をイメージできるかを考えるとともに、それぞれ俯瞰図で交差点の危険を見ながら解説を読んで理解する構成となっています。

 

 メタ認知能力を高めるための教材としてもご利用いただけますので、ぜひ事業所での交差点事故防止教育にお役立てください。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

11月24日(火)

カラー路面の交差点では出会い頭事故等を警戒 カラー舗装交差点では出会い頭事故等を警戒

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。