24秒に1人、交通事故で死者が

 

 24秒に1人、交通事故での死者が発生していると聞くと、「え、そんなに多いの」と思われるかもしれませんが事実です。世界中で、交通事故は今も続々と起こっています。

 

 日本では近年、事故死者数が減少傾向にはありますが、世界に目を向けるとWHO(世界保健機関)の報告では交通事故死は増加傾向にあり、年間135万人もの人が交通事故で亡くなっていますので、24秒に1人が死亡している計算になります。

 

 依然として交通事故被害は世界全体の大きな社会問題です。

 

 ちなみに11月の第3日曜日である15日は「世界交通事故被害者追悼の日」でした(※)。2005年10月26日の国連総会決議で毎年11月第3日曜日と定められ、世界各地でこの日を期して交通事故防止活動や道路環境公害への対策を講じるための活動を推進する行事が行われました。

(※World Day of Remembrance for Road Traffic Victims)

 

 WHOがこの日のためにYoutubeで公開した映像は、交通事故の被害者を救出しようと懸命に努力する救急隊員の姿を通じて、事故の悲惨さを訴えています。活動を推進する国際事務局では、この日は事故の救済に当たる道路警察官や救急隊員に対するねぎらいと尊敬、援助も忘れないという認識を強調しています。

 

 日本は自動車輸出大国であり、世界の交通事故増加は決して他人事ではありません。私達も改めて交通事故の防止を誓いたいと思います。 

(シンク出版株式会社  2020.11.18更新)

■「鳥の視点」で運転席からは見えない危険を発見しよう

 交差点事故を起こさないためには、運転席からは見えない危険を見つけ出すことが大切です。そうした危険を発見するには、運転席の上空から見る鳥のような視点を持って、交差点全体の交通場面をイメージする力(メタ認知能力)が必要となります。

 

 新刊小冊子「交差点を鳥の目で視ると隠れた危険が見えてくる」では、交差点の6つの運転場面を提示して、隠れた危険をイメージできるかを考えるとともに、それぞれ俯瞰図で交差点の危険を見ながら解説を読んで理解する構成となっています。

 

 メタ認知能力を高めるための教材としてもご利用いただけますので、ぜひ事業所での交差点事故防止教育にお役立てください。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

11月24日(火)

カラー路面の交差点では出会い頭事故等を警戒 カラー舗装交差点では出会い頭事故等を警戒

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。