横断歩行者優先を徹底しよう

 さる4月10日午後5時5分ごろ、横浜市内の信号機がない交差点を走行していた乗用車が、横断中だった小学2年の女子児童をはね、重傷を負わせる事故がありました。

 

 乗用車を運転していた女性は、「女の子が止まってくれたため、大丈夫だろうと思い、直進した」と供述しているということですが、この供述をみていると、横断歩道を渡ろうとする人に対する配慮がまったくみられません。

 

 道路交通法には、横断歩道に近づいたとき横断しようとしている人がいるときには、手前で一時停止して道を譲らなければならない、と定められています。

 

 ですから、横断歩道の近くに女の子がいるのに、一時停止しなかったというのは、まったく道を譲る気がなかった、ということを自ら言っているようなものだと思います。

 

 横断歩道の手前で止まる気持ちがないと、女の子が出てこないと自分勝手な思い込みが生じますので、当然女の子の動きを見ずに横断歩道を通過することになります。

 

 いずれにしても、信号機のない横断歩道に近づいたときに、近くに人がいたら、止まるような仕草を見せても確実に一時停止をして進路を譲るようにしましょう。

 

(シンク出版株式会社 2021.4.20更新)

■安全のための交通ルールを確認できる自己診断テスト

 運転免許取得時には覚えていたはずの道路交通法に定められたルールも、時が経つにつれ記憶があいまいになってしまい、自己流に誤って解釈したまま運転をしている人も少なくありません。

 

 このテストはうっかり勘違いをしてしまいやすい安全運転のルールについて、48の質問に「ハイ」「イイエ」で答えていただくことで、普段どれぐらい正しくルールを理解できているかを簡単に知ることができる自己診断テストです。

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月10日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。