料金所を過ぎた地点で待機しているバイクに注意

写真はイメージです。文中の事故とは関連がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関連がありません

 さる6月2日午後7時7分ごろ、埼玉県新座市の関越自動車道の新座料金所ブースを過ぎた地点で、トラックがバイクに追突して、乗っていた女性が死亡する事故がありました。

 

 バイクは、会社の同僚とツーリングをした帰りで、料金所を過ぎた地点で後の1人を待っており、精算を終えたことを確認して先頭のバイクが発進、続いて2台目の女性が発進したところ、トラックに追突されたものです。

 

 高速道路の料金所では、通り過ぎた地点の左側にスペースがあり、遅れている仲間の到着を待っているバイクなどがいることがあります。

 

 この事例のように、仲間が到着すれば発進していくのですが、停止状態から発進するのでスピードが出るまでに時間がかかります。

 

 昔の料金所では、車が一旦停止しますので、さほどスピード差は生まれませんが、ETCが普及した現在ではスピードを落とさずに通過できますので、どうしても後続車とスピード差が生まれ追突されるリスクが高くなるのです。

 

 料金所を通過した地点にバイクなどが待機している場合には、発進してくることを予測して、その動きから目を離さないようにしてください。

(シンク出版株式会社 2021.6.15更新)

■トラックドライバー教育に必携の1冊

 「真のプロドライバーを育てる安全運転ハンドブック」は、物流技術研究会で培われてきたノウハウや、トラックドライバーとして必要な安全運転の知識などを国土交通省告示の「指導・監督の指針」の内容に基づいて、イラストや図解を中心にまとめた一冊です。

 

 トラックドライバー様には安全運転知識のレベルアップに、管理者様にとっては、朝礼やミーティング時の話題提供の資料としてご活用いただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

7月29日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。