大型車で前が見えないときは車間距離をとろう

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません。
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません。

 大型トラックなど車体の大きな車の後ろを乗用車で追従していて、前車について交差点を通過したところ、すでに赤信号になっていてビックリしたという経験をした人は多いと思います。

 

 さる7月5日午前7時半ごろ、兵庫県神戸市の住宅街を走行していた軽自転車が、前方を走行する大型トラックを追い抜こうとして左に車線変更したところ、前に停止していたトレーラーの後部に追突する事故がありました。

 

 事故の一部始終は、後方を走行していた車のドライブレコーダーの映像にとらえられていました。

 それを見ると、軽自転車はほとんど車間距離をとらずにトラックに追従していましたので、左前方の安全確認を十分にしないまま左に車線変更したものと思います。

 

 車を運転していて、いちばん怖いことは前方がよく見えないまま走行するということです。大型車の後ろを車間距離をとらずに走行するということは、それと同じです。

 

 前を大型車が走行していて前方が見えないときには、見えるところまで車間距離をとる必要があります。ある程度の距離をあけていれば、前方の様子も確認できますのでし、無理な追越しなどをして事故を起こすことはないと考えられます。 

(シンク出版株式会社 2021.7.19更新)

■一瞬の油断で人生を棒に振ってしまわないために

 ほんの一瞬の油断であっても、ひとたび人身事故を起こしてしまうと、被害者の受けたダメージによっては、その後の人生を棒に振ってしまうことになりかねません。

 

 本書では、「一瞬の油断」によって起こりやすい事故を6パターン漫画で紹介し、事例ごとに油断に陥る心理背景を解説して理解する構成となっています。

 

 長い期間交通事故を起こしていないドライバーや、運転が自己流になっている運転者におすすめの一冊です。

 

【詳しくはこちら】

 

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

7月29日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。