カーブが続く下り坂ではスピードの出し過ぎに注意

写真はイメージです。文中の事故とは関連がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関連がありません

 さる8月22日午前11時ごろ、岐阜県中津川市の中央自動車道を走行していたワゴン車がガードレールにぶつかった後、中央分離帯に衝突し、後部席に乗っていた2人が車から投げ出され、重傷を負う事故がありました。

 

 事故の現場は、片側2車線の緩やかなカーブで下り坂になっていることから、運転操作を誤ったのではないかと思われます。

 

 長い下り坂とカーブが延々と続いているところでは、知らず知らずのうちにスピードが出てしまいますし、右カーブや左カーブが続きますから、車をコントロールすることが難しくなります。

 

 少しでもスピードのコントロールを誤ると、ちょっとしたハンドル操作のミスでも、バランスを崩してガードレールや中央分離帯に衝突することになります。

 

 長い下り坂とカーブが延々と続いている箇所では、知らず知らずのうちにスピードが出てしまいますので、確実にスピードを落とすようにしてください。

 

 なお、車から投げ出された後部席の2人は、おそらくシートベルトを着用していなかったと思われます。後席でも確実にシートベルトを着用してください。

(シンク出版株式会社 2021.8.25更新)

■ストレスに対処して事故やトラブルの削減を目指す教育教材

 ストレスとの付き合い方がうまくいかないと、イライラしたり、身体にも不調が現れるなど、日常的に様々な悪影響が出てきます。

 

 その一方で、ストレスにうまく対処し、付き合っていくことで、心身への負担を軽くすることも可能です。

 

 本冊子では、ストレス構造の仕組みを知るとともに、仕事やプライベートで感じやすい6つの代表的なストレス要素について、ストレスにうまく対処し、付き合っていく方法を学ぶことをねらいとしています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月27日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。