妨害運転の施行後1年で100件摘発

 昨年6月30日から、いわゆる「あおり運転」が妨害運転罪として厳罰化されていますが、警察庁では1年間の妨害運転の摘発状況を発表しました。

 

 それによりますと、全国の警察が妨害運転の疑いで摘発したのは100件にのぼり、妨害運転に起因する人身事故は23件起きていることがわかりました。

 

 妨害運転の対象となる運転行為としては10種類ありますが、いちばん多かったのは「不要な急ブレーキ」で24件ありました。

 続いて「急な車線変更」が20件、「前の車に著しく接近」が16件、「蛇行や幅寄せといった安全運転義務違反」が16件の順になっています。

 

 また、妨害運転罪には「交通の危険のおそれ」と「著しい交通の危険」がありますが、より罰則の重い「著しい交通の危険」が適用されたのは29件ありました。

 

 発表された数字だけをみると、「あおり運転」はかなり減っているようにみえますが、実際には摘発されていないケースも相当数あるのではないかと思います。

 何らかの理由で他人の運転に腹が立ったとしても、仕返しをするような妨害運転は絶対にしないようにしてください。 

(シンク出版株式会社 2021.8.31更新)

■危険・迷惑運転をする人はドライバー失格!

 最近、他の車をあおって危険を生み出したり、運転中にスマートフォンを操作して、重大事故を起こすなど、ドライバー失格と言える行為が目立つようになりました。

 

 この冊子では、代表的な危険・迷惑運転を取り上げ、その罰則の重さと、運転上の注意ポイントを解説しています。(※2019年12月1日施行の改正道路交通法・携帯電話使用等の罰則強化についても収録しています)

 

 ドライバー向けのセルフチェック欄も設けていますので、自分が無意識のうちに危険・迷惑運転をしていないかチェックすることができます。

 今、事業所にとって運転者教育に最適の小冊子です。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月27日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。