スマートフォン使用管理を徹底していますか

■運転中の使用禁止を指導しているとは思いますが……

スマートフォン注視事故の危険

 

 皆さんの事業所では、当然、運転中の携帯電話使用を禁止していると思います。

 しかし、実態としてスマートフォンが運転者にとって重要な情報ツールとなっている以上、電話としての使用禁止はともかく、運行中、完全に利用禁止とするのは難しい状況となっていることが予想されます。

 

 たとえば、スマートフォンの地図アプリを活用しカーナビゲーションとして使用している場合は、運転席で携帯電話を荷物から出してはいけないといった規定は有名無実化します。

 

 実際に、古いカーナビゲーション装置に比べて最新の地図情報を使用することができるので、スマートフォンの方が運転者の利便性が高いのです。

■物流企業では、SNSで連絡する事業者もある

運転者のスマートフォンアプリ活用

 また、会社と運転者との常時連絡のためLINEなどのSNSを活用している事業所が少なくありません。これは、複数の運転者に同時に配信して相互連絡を取り合える利便性があり、個々の運転者に通話でやりとりするより効率がいいからです。

 SNSへのグループ相互配信はそれだけ受信機会が増えます。このほか、管理者とドライバーが対話形式で運行状況を記録するSNSアプリがあります。

 

 通行止め情報や異常気象に伴う大型車の迂回路の情報などをスマートフォンに自動配信するアプリもありますので、活用している運転者がいるようです。

 

 こうした実情から、信号停止中に手元で確認している運転者の姿がよく見られます。「赤信号の間なら違反にならないだろう」と考えているのでしょうが、見続けたまま発進してしまうことがあります。

 

 大手の運送会社・バス会社では、運転者に専用端末を渡したり車載無線機を活用して伝票の転送や事務連絡などを行っています。

 この場合はスマートフォンを使用しなくても十分な連絡がつくのですが、中小の事業者や一般企業では、スマートフォンに頼っている会社が多いのではないでしょうか。

 

 スマートフォンの活用がわき見運転などに結びつかないように、再度、実態に即したルール化を進める必要があります。

  

■スマートフォンへの脇見は大きな事故に結びつきやすい

ながら運転の罰則強化2019年

 運転中の携帯電話の使用が、漫然運転や脇見運転に結びつきやすいことは以前から指摘されてきましたが、特にスマートフォンの場合は、テキスト入力やSNS利用、ゲームサイトの閲覧などから長時間の注視に結びつきやすく、重大事故を誘発しています。

 

 このため、2019年(令和元年)12月の道路交通法の改正により、運転中にスマートフォンや携帯電話・カーナビゲーションシステムなどを使用する「ながら運転」に対する罰則が強化されました。

 法改正の効果もあって携帯電話使用等の交通事故件数は、2019年中の累計2,645件に対して2020年は半分以下の1,283件まで減少し、死亡事故は42件から20件と大幅に減少しました。

 しかし、2021年には1,394件と増加に転じ、死亡事故も21件と漸増傾向が見られます。

 

 また、携帯電話使用等の事故では死亡事故率が一般の交通事故に比べて2倍近い高さで、悲惨な事故が発生しているのが現実です。

ながら運転事故の推移

  

こんな事故が起こっています

■スマホ注視の女子大生が会社員をはねて死亡させる

スマホ注視女子大生事故

 

 2020年8月12日午後10時10分頃、福岡県田川市で犬の散歩中だった42歳の会社員男性が、女子大学生(22歳)の運転する軽乗用車にはねられ死亡しました。

 この大学生は「LINEの着信があり、スマートフォンの画面を見ていた」と話していて、画面を注視していて男性の姿に全く気づかないまま衝突しました。

 

■衝突まで全く気づかず被害者が溺死

 男性は、はねられて側溝に落ち流されたとみられ、現場から約20メートル離れた側溝で倒れているところを発見されました。死因は溺死と見られます。

 

 大学生にひき逃げの意思はなかったようですが、何に衝突したかわからないまま警察に連絡し、警察官の捜索で側溝に落ちた男性を発見したときには手遅れだったということです。

 

 普通の衝突であれば、被害者にぶつかったとしてもその場で状況が把握できることで溺死には至らなかった可能性があり、スマートフォン注視事故の恐ろしさがわかります。

  

ながら運転違反の事例

■運行中にスマホ操作をしていた高速バス運転者の姿を乗客が撮影

バス運転者私用携帯電話

 2022年4月28日に、埼玉県内に本社を置く草津温泉行きの高速バス運転者が、スマートフォンを複数回にわたって操作する“ながらスマホ”で運転する映像が乗客に撮影されました。

 

 乗客が、降車後に運転者に対して「ながら運転」を指摘したところ、運転者は強い口調で否定、反論したということです。

 乗客が情報提供して、実際にスマートフォンを見ていた事実が発覚しました。

 

 バス事業者はドライブレコーダーの映像などを分析してスマートフォンの使用を確認し、ホームページで謝罪するとともに、この運転者を懲戒処分としています。

 

 また、このバス事業者は「ながらスマホ」の再発防止策として、運転者に対して以下の4点を実施することを公表しています。

  • 車内への携帯電話の持込み及び使用の禁止(旧ルールでは電源のOFFまたはマナーモード)
  • ドライブレコーダーを用いた定期確認を強化する
  • 法令順守および安全運転に関する教育を強化する
  • 運行管理者への連絡は業務用無線を使用する

  

■スマートフォン車内持ち込み禁止ルールについて

私用携帯電話の取扱い

■乗務前に私用携帯電話を袋に入れる

 

 路線バス事業所のなかには、私用の携帯電話を点呼時に専用の袋に入れて封印し、さらにカバンにしまう形で確認するルールを設けているところがあります。

 車内への携帯電話持ち込みを厳禁しているからですが、連絡用の業務無線がありますので、問題はありません。

 

 貸切バスや長距離トラックの場合は、私用の携帯電話は荷物に入れさせて、業務用のスマートフォンを貸与するケースがあります。

 

 これは業務途中点呼時にスマートフォンでアルコール検知器使用の様子を撮影したり、渋滞や道路状況、荷物状態等を撮影して運行管理者と相談するときに必要な場合があるからです。

 

 いずれにしても運転時の使用は厳禁としているはずですが、実際には、上記のように運転中に操作したり、信号停止中にニュースを見ている運転者の事例が発生しています。

  

■その他、最近発生した「ながらスマホ」事故例

●運転中にスマホ・

 ゲームをしていて

 死亡事故 

名古屋市西区の高校教諭(44)は2022年5月31日、信号のない交差点で、

軽乗用車を運転中、スマホ向けゲームの「ドラゴンクエストウォーク」を

していて、ブレーキを踏まずに自転車と衝突し、自転車に乗っていた会社

員の男性(55)が死亡しました。

「ドラゴンクエストウォーク」は、位置情報を利用したゲームアプリで、

実際に移動するとゲーム内のキャラクターが移動するため、夢中になっ

て道路に飛び出す歩行者や自転車の事故原因ともなっています。

スマホでニュース

 を見ながら発進し、

 バスが追突

名古屋市バスの運転者(42)が2021年7月12日、運行中にスマートフォ

ンを操作しながら発進し追突事故を起こしました。信号停止中にスマホで

ニュースを見ていたもので、信号が青になった際、スマホを操作しながら

前方をよく確認せずにバスを発進させ、前の車に追突しました。

乗客らに負傷がなかったので当初市交通局は事故を公表しませんでした。 

事故後の聞き取り調査で、運転者は、約1年前から信号停止中にスマホで

ネットニュースを検索していたことがわかりました。

中部運輸局は後日市交通局に対し、バス1台を10日間使用停止とする行政

処分を行っています。

  

■スマートフォン使用ルール厳守を徹底しよう

 一般の事業者でも、以下のようなスマートフォン使用のルールを再確認して、運転時の注視事故などを起こさないよう努めましょう。

  • 運転中はスマートフォンを荷物に入れて、手に取れない場所に置いておく → 「後部座席に置く」「助手席の座席の下にかごを入れて置く」など具体的に定める
  • たとえ赤信号などで車が停止していても、スマートフォンを出して画面を見ない → 一度見始めると、青信号に変わって車が発進しても見続けてしまう
  • スマートフォンの確認は、駐車場など安全な場所で停止しているときに限定する
  • 運転者にメールやSNSで情報伝達する時には、「運転中はスマートフォンの電源を切って荷物にしまいましょう」と最後に一言付け加える
  • スマートフォンの地図アプリをカーナビゲーションとして使用する場合は、手で持って操作することを禁止する。ハンドル脇などにホルダーをつけて設置し(吸盤等でフロントガラスに貼り付けると違反になる)長時間注視をしないで、音声案内機能を活用する
  • 管理者は週始めの朝礼、点呼時などの機会をとらえて、定期的にスマートフォンの使用ルールを確認することで運転者に意識づけを図る
  • ながら運転の危険と厳しい罰則を運転者に認識させる → 繰り返し指導することが重要
  • ドライブレコーダーを車内に設置して、運転席の映像を撮影し適宜指導する

■「ながら運転」=携帯電話・カーナビ・スマートフォンの注視に対する罰則

携帯電話使用等の罰金

■外部サイト、参考ページ

 この記事は以下のサイトや掲載資料を参照しました。 

  

 ・やめよう!運転中の「ながらスマホ」、違反すると一発免停も!(政府広報オンライン)

 ・やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用(警察庁webサイト)


■当サイト・参考記事

 

 ・「ながら運転」の厳罰化を周知していますか?(危機管理意識を高めよう) 

 ・スマートフォンの運転中利用事故は重罰(危機管理意識を高めよう) 

 ・ながら運転の罰則強化(安全管理法律相談/清水伸賢弁護士)

 ・「ながらスマホ」の罰則大幅強化/12月1日施行(最近の法令改正)

■危険・迷惑運転をする人はドライバー失格!

 最近、他の車をあおって危険を生み出したり、運転中にスマートフォンを操作して、重大事故を起こすなど、ドライバー失格と言える行為が目立つようになりました。

 

 この冊子では、代表的な危険・迷惑運転を取り上げ、その罰則の重さと、運転上の注意ポイントを解説しています。 

 

 ドライバー向けのセルフチェック欄も設けていますので、自分が無意識のうちに危険・迷惑運転をしていないかチェックすることができます。

 事業所における運転者教育に最適の小冊子です。

 

 【詳しくはこちら 

ホーム 運転管理のヒント危機管理意識を高めよう >スマートフォン使用管理を徹底していますか

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

8月15日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。